PAGE TOP

残業証明アプリや当社の各種サービスご利用に関するプライバシーポリシー

残業証明アプリ

プライバシーポリシー

当サイトでは、お客様が安心してご利用いただけるように、お客様の個人情報の取り扱いと保護について、『個人情報の保護に関する法律』および関連する法令ならびにその他の規範を遵守します。
どのように注意を払い、プライバシーの尊重に努めているかについて、以下にご説明いたします。

情報の定義について

このプライバシーポリシーにおいて、個人情報とは個人が識別され、
又は識別されうる情報で以下の情報をいいます。

個人情報の取得について

当社は、お客様が当社の各種サービスをご利用する場合に、サービスの提供に必要な情報として、電子メールアドレス、お名前その他の個人情報をお聞きしております。 当社は、より有益なページを増やし、利便性の高いサイト構築を常におこなうため、お客様のIPアドレス、クッキー情報など、お客様が閲覧したページなどの情報を、
お客さまが当社のサイトを閲覧された時に、収集しております。

個人情報の利用について

依頼者から個人情報をご提供頂く場合は、適切な範囲内でご提供頂き、原則として、当社の業務を遂行する目的にのみ利用致します。
それ以外の目的に利用する場合は、個人情報をご提供頂く際に予めその目的を明示致します。
依頼者の個人情報をこれら正当な目的以外に無断で利用することはありません。
但し、既に公開されている情報は除きます。

個人情報の利用目的について

当社は、お客様の情報を、以下の目的で利用いたします。
なお、当社では個人情報を基にした法律相談等は一切行いません。弁護士法を遵守し、個人情報保護法と共にすべて適法な運営を行います。

  1. ご利用いただいた商品やサービスを提供するため。
  2. お客様にとって有益と思われる最新の無料の法務情報等・メール情報などのご案内。
  3. 有料サービスをご利用いただいた場合、ご利用料金を請求するため
  4. IDを紛失した場合のご本人確認のため

個人情報の開示について

依頼者ご本人からご自身に関する個人情報の開示の請求があった場合は、当該請求に係る個人情報について原則として遅滞なく開示致します。

第三者への提供について

あらかじめ依頼者からご了解いただいている場合や、業務上正当な理由がある場合を除き、依頼者の個人情報を第三者に提供または開示致しません。
ただし、法令の規定に基づき、利用又は提供しなければならないときは、依頼者の権利利益に最大限の配慮を払いつつ、個人情報を利用し、又は提供することがあります。

個人情報の訂正等について

依頼者ご本人から、ご自身に関する個人情報の訂正・追加・削除(以下、「訂正等」といいます。)のお申し出があったときは、遅滞なく調査を行います。
この場合において、当該申出に係る個人情報に関して訂正等を必要とする事由があると認めるときは、遅滞なく訂正等を行います。

安全対策について

依頼者の個人情報を安全に管理・運営するよう鋭意努力しており、個人情報への外部からの不正なアクセス、個人情報の紛失・破壊・改ざん・漏えいなどへの危険防止に対する合理的かつ適切な安全対策を行います。

クッキーの使用について

クッキーとは、サイトから利用者のブラウザに送信される小さな情報で、この情報により、サイト運営向上のために必要な、ページ訪問に関するデータを記録できます。
クッキー(ウェブサーバがユーザーのコンピュータを識別する業界標準の技術)を使用する場合がありますが、クッキーによって個人を特定できるような情報を得ることはありません。
クッキーは多くのサイトで使用されていますが、利用者が一定のブラウザ設定をすることにより、クッキーの受け取りを拒否したり、クッキー受け取りの警告を表示させることができます。
なお、クッキー利用で収集した情報には、個々の利用者を識別できる情報は含みません。

プライバシーポリシーの改定について

このプライバシーポリシーは、関連法令や環境の変化に合わせて
改定することがありますので、定期的にご確認頂きますようお願い致します。

本ポリシーの適用範囲

本ポリシーの適用範囲は当ウェブサイト内(スマートフォンサイト内)とします。当ウェブサイトからリンクの張られている他のウェブサイトのプライバシー保護についての責任は負いかねますので、それぞれのウェブサイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
このプライバシーポリシーは、当サイトからリンクしている他のサイトやサービスを提供している会社などが、会員の皆さまから取得している個人情報については適用されません。また、当サイトのご利用者以外の方には適用されません。

著作権について

著作権保有者の同意を得ない下記の行為は、著作権及び著作者人格権侵害となるため、禁止します。